監督・脚本:ショーン・ダーキン

映画『アイアンクロー』公式サイト

人生をかけて闘え

Fri.

TOHOシネマズ 日比谷全国ロードショー

プロレス界の伝説フォン・エリック家の知られざる衝撃の事実。“呪われた一家”と呼ばれたその真実とは

ザック・エフロン

ジェレミー・アレン・ホワイト

ハリス・ディキンソン

モーラ・ティアニー

スタンリー・シモンズ

withホルト・マッキャラニー

andリリー・ジェームズ

2023年|アメリカ|英語|132分|カラー・モノクロ|ビスタ|原題:THE IRON CLAW |字幕翻訳:稲田嵯裕里映倫G
© 2023 House Claw Rights LLC; Claw Film LLC; British Broadcasting Corporation. All Rights Reserved.
提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ

A24/ACCESS ENTERTAINMENT/BBC FILM/HOUSE PRODUCTIONS
オトクなデジタル映画鑑賞券ムビチケ
『アイアンクロー』キービジュアル

INTRODUCTION

巨大な手で敵レスラーの顔をわしづかみする必殺技“アイアンクロー=鉄の爪”を生み出し、1960~70年代に日本でもジャイアント馬場やアントニオ猪木らと激闘を繰り広げ、一世を風靡したレスラー、フリッツ・フォン・エリック。さらにフリッツは息子たち全員をレスラーに育て上げ、苛烈な競争が繰り広げられる世界で“史上最強の一家”となる野望を燃やす。厳格な父を敬愛する息子たちはレスラーとしての才能を開花させ、次男ケビン、三男デビッド、四男ケリーが大活躍した1980年代に絶頂期を迎えるが、最強への道に不幸な運命が立ちはだかる。フォン・エリック家の子供たちに、いったい何があったのか――

本作は若き日のケビンを中心に、濃密な家族の絆とリング上でのファイトが生み出す興奮、そして最強を目指すことの過酷なプレッシャーを赤裸々に映し出す。監督はカルト教団による洗脳とトラウマを描いたデビュー作『マーサー、あるいはマーシー・メイ』で絶賛を浴びたショーン・ダーキン。子供の頃からプロレスに夢中で、フォン・エリック家の悲劇に衝撃を受けた一人だったという。ダーキンは長年取り憑かれていた驚きの実話を、家族の愛情と葛藤のドラマとして再構築。プロレスにまつわる栄光と挫折を掘り下げ、植え付けられた価値観からの解放という今日的なテーマに踏み込んだ、胸の奥深くに刺さる人間ドラマに仕上がっている。

STORY

1980年初頭、プロレス界に歴史を刻んだ“鉄の爪”フォン・エリック家。父フリッツ(ホルト・マッキャラニー)は元AWA世界ヘビー級王者。そんな父親に育てられた息子の次男ケビン(ザック・エフロン)、三男デビッド(ハリス・ディキンソン)、四男ケリー(ジェレミー・アレン・ホワイト)、五男マイク(スタンリー・シモンズ)ら兄弟は、父の教えに従いレスラーとしてデビュー、“プロレス界の頂点”を目指す。しかし、デビッドが日本でのプロレスツアー中に急死する。さらにフォン・エリック家はここから悲劇に見舞われる。すでに幼い頃に長男ジャックJr.を亡くしており、いつしか「呪われた一家」と呼ばれるようになったその真実と、ケビンの数奇な運命とは――

STAFF

ショーン・ダーキン監督 写真

ショーン・ダーキン

監督・脚本

1981年12月9日生まれ、カナダ出身。2011年『マーサ、あるいはマーシー・メイ』で長編デビューを果たす。同年のサンダンス映画祭コンペティション部門でプレミア上映され、監督賞を受賞。さらに第64回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門、第36回トロント国際映画祭でも上映され、その他数多くの映画賞にノミネート、高い評価を受けた。2作目『不都合な理想の夫婦』(19)は2020年サンダンス映画祭でプレミア上映、翌年の英国インディペンデント映画祭で最優秀英国インディペンデント映画賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を含む6部門にノミネートされた。以降も監督、脚本家、プロデューサーとして幅広く活躍。リミテッドシリーズ「DEAD RINGERS」(22)の監督・製作を担当し、2023年エミー賞の優秀撮影賞などいくつかの賞にノミネートされた。

ショーン・ダーキン監督からの
メッセージ

僕が幼少時代を過ごした1980年末から1990年初頭のイギリスでは、テキサスのプロレスについて情報を得ることは、簡単なことではなかった。過去の試合のビデオテープを見つけることはできたが、それも容易ではない。せいぜい、「Pro Wrestling Illustrated」のような雑誌を読むぐらいだ。ある日、本屋にその雑誌の最新号が置いてあった。すでに数ヶ月前のものだったが、母が買ってくれた。僕は土曜日の夜に、中華料理屋で食事をしながらそれを読んだ。まだ記憶にはっきりと残っているが、最初のページを開いたらフォン・エリック家の死亡記事だった。僕は悲しくなった。彼らの試合を数回見たことがありファンだった。家族がとても気の毒になり、そのことがずっと僕の頭に残っていた。

『アイアンクロー』の脚本を書き始め、この一家の物語を映画に仕上げていくなかで、僕は自分自身とフォン・エリック家とのつながりを見つけなければならなかった。子供の頃、僕が彼らにこれほど惹かれたのは何故だろうか?他のエンターテイナーとなんら変わらないのに。彼らの華やかなプロレスは、観ていてとても楽しかった。今日のレスリングの基盤となったスタイルだ。しかし、それよりも僕を夢中にさせたのは、彼らが失ったものだった。

フォン・エリック家は、スポーツ界のケネディ家と呼ばれてきた。一家は想像を絶するほどの喪失を体験したが、それでも『アイアンクロー』は、悲しみや苦しみの物語ではない。むしろ、悲しみの欠如と、人が自分の苦しみから目を逸らした時に、何が起こり得るかを描いている。一家の物語はアメリカの歴史のごく小さな一部分に過ぎないが、長年アメリカの文化に害を及ぼしてきた極端に歪められた男らしさや、近年僕たちがやっと理解し始めた考え方を掘り起こしている。ファミリードラマであり、ゴシックホラーでもあり、スポーツ映画でもある本作は、アメリカの中心部で展開する真のギリシャ悲劇ともいえる。ケビンが家族の掟を破って呪いを打ち砕き、より賢く、強く、平穏な心を持って苦境を脱する、復活の物語なのだ。

栄光、喪失、そしてアメリカ特有の男らしさの釣り合いを模索する映画の伝統を受け継ぎ、僕は、『レイジング・ブル』と『ディア・ハンター』からひらめきを得た。『アイアンクロー』の中心には、家族、父子、兄弟がある。愛を発見し、ありのままの自分を受け入れること。男とはこうあるべき、といった狭い考え方との闘い。栄光への渇望と成功という幻想。世代間の衝突と、希望にみちた新しい将来を見出すために求められる視点。『アイアンクロー』は、これら全てをテーマとし、自己発見、友情、兄弟愛、アメリカ合衆国におけるプロレスの栄光の日々を描き出している。

劇中の家族写真と実際のフォン・エリック家の家族写真